イベントコンパニオンというお仕事

私は小さい時から自分の容姿にコンプレックスがありました

私は小さい時から自分の容姿にコンプレックスがありました二重瞼も自然で、足首もきれいにくびれて別人のよう高校の時に整形して美しくなりコンパニオンの仕事をして本当に良かった

私は小さい時から自分の容姿にコンプレックスがありました。
小さな時から太っていて、鼻は低く目は腫れぼったい一重で肌もあれていて子供たちの間で、ブスとかデブなど罵られることも多々あったんです。
小さいころから悔しい、見返してやりたい、絶対きれいになってやるといったハングリー精神だけは強く、どんなにののしられても喧嘩だけは負けることがなくいじめっ子たちをやり返していました。
しかし小さい私は、どうやってきれいになれるのか、どうすれば痩せられるのかその方法や術を知らず途方に暮れてたんです。
この不細工な容姿のまま高校へと進学しました。
性格は勝ち気で強い性格なので、容姿が悪くても高校ではもういじめはありませんでした。
でもクラスのきれいな女の子はちやほや男子からされ、人生が充実しているように見え悔しいという気持ちは抑えられなかったんです。
仲の良かった友達も一重瞼で少し小太りで、類は友をお部状態でクラスでは片隅に置かれた誰にも注目されない存在でした。
夏休みが終わった新学期、その小太りの友達の容姿に異変を感じたんです。
なんと友人の瞼が二重になり、体はスレンダーになっていたのです。